わずかマウス1クリックでIEからExcelへのコピペが完了!これがコピペ業務の効率化と時短のゴール

Webの情報をExcelへコピペするのにIEとExcelのウィンドウを行き来するのは結構な負担となりコピー数が多くなればなるほど疲れが顕著に現われます。

前の記事では、Alt+Tabキーを使うことで簡単にウィンドウを行き来する方法とExcelのマクロを使用してIE上でドラッグした箇所をコピペする方法を紹介しました。

確かにこれはこれで有効なのですが、この記事では、究極的に簡単な方法でコピペする方法を紹介します。その操作方法は、IE上でコピペしたい箇所をドラッグした後でマウス1クリック、それだけでコピペが完了するのです。業務用のPCへフリーのツールをインストールしても問題ない方にとって、この方法は現在考えられる究極的な方法でしょう。

では、導入するツールの特徴から具体的な使用方法までを順を追って説明します。

導入するツールの特徴

マウスの操作をコントロールするフリーのツールX-Mouse Button Controlを導入します。このツールは、マウスボタンにキーシミュレーションとしてマクロを設定することができるのが大きな特徴です。例えば次の一連のキー操作をマクロとしてマウスホイールの左チルトへ登録します。

  1. Alt+Tabキーのショートカットキー操作(IEからExcelウィンドウへ移動)

  2. Ctl+Nボタンのショートカットキー操作(Excelのマクロを起動)

  3. Alt+Tabキーのショートカットキー操作(ExcelからIEウィンドウへ移動)

これによりマウスホイールの左チルト操作1回で、上記3つの操作を順番に実行することが可能となり、IEでドラッグした文字列がExcelへコピペされます。

ツールの導入方法

X-Mouse Button Controlをダウンロードします。

ダウンロードしたx-mouse-button-control-2-17.exeをクリックしてインストールします。

インストールするとスタートアップへ登録され、ツールの設定画面が表示されます。

ツールの設定方法

X-Mouse Button Controlは、アプリケーションウィンドウ毎にマウスボタンを設定することができます。

IEのウィンドウでは、マウスホイールの左チルトボタンへコピペするための設定をします。右チルトボタンへは、Excelウィンドウへ切替えるための設定をします。

Excelのウィンドウでは、右チルトボタンへIEウィンドウへ切替えるための設定をします。

基本設定

X-Mouse Button Controlの設定画面が表示されない場合は、「隠れているインジケーターを表示します」をクリックしアイコン上でマウスの右ボタン→Setup(設定)を選択します。

X-Mouse Button Control-SetupのSettingボタンをクリックして日本語表示に設定します。

X-Mouse Button Control-共通設定の追加ボタンをクリックします。

アプリケーションを選択画面のプロセス名からiexplorer.exeとexcel.exeを選択して設定します。その際に「説明」を自由に編集することができます。「説明」がアプリケーション/ウィンドウ・クラスのプロファイルへ表示されます。

Internet Explorerウィンドウでのマウス設定

X-Mouse Button Control-共通設定画面でInternet Explorerを選択します。

  • 6左チルトのドロップダウンリストから「キー・シミュレーション」を選択します。

1.仮想キーボード・マクロを設定します。カスタム・キーを入力してください。欄へ以下を設定します。

{ALT}{TAB}{WAIT:1}{CTRL}N{WAIT:1}{ALT}{TAB}

  • 7右チルトのドロップダウンリストから「次のウィンドウ」を選択します。

Excelウィンドウでのマウス設定

X-Mouse Button Control-共通設定画面でExcelを選択します。

  • 7右チルトのドロップダウンリストから「前のウィンドウ」を選択します。

具体的な使用方法

  1. IEとExcelを起動し左右に並べて表示します。

  2. Excelで前の記事の情報収集.xlmsファイルを開きます。

  3. 2行目に1行挿入します。(Ctl+Qキー操作で1行挿入マクロが起動します。)

  4. Excel内のコピペするセルをアクティブにします。

  5. IEで情報収集するサイトを表示しコピーしたい箇所をドラッグします。

  6. マウスホイルを左へチルトします。

IEからExcelのウィンドウに切り替わり、1秒後にドラッグした文字列がコピペされます。

1秒後にExcelからIEのウィンドウに切り替わります。

5~6を繰り返します。

基本的にIE上のマウス操作でコピペが完了します。

Excelでキーボード入力したい場合は、IE上で右チルト操作を行うとExcelウィンドウへ切り替わります。ExcelからIEウィンドウへ切り替える場合は、Excel上で右チルト操作を行うとIEウィンドウへ切り替わります。

まとめ

フリーソフトのX-Mouse Button Controlを導入して、左チルトキーにマクロを設定します。設定したマクロは、IEからExcelウィンドウへの切り替え、Excelのマクロ起動、ExcelからIEウィンドウへの切り替えを順番に実行します。

使用方法は、まずIEとExcelのウィンドウを左右に並べます。IEで情報を収集するURLをExcelで情報収集.xlmsを表示します。

IE上でドラッグとマウスホイールの左チルト操作をします。

この記事でわかり難い箇所等がありましたら何なりとご質問ください。またご要望にもお応えできるよう尽力いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。